在留特別許可申請サービス

新着情報

2011.12.26 年末年始の休業期間は12月28日(水)午後2時から1月3日(火)までです。
2011.03.31 国際結婚応援キャンペーン中、上陸特別許可申請を特別価格でご提供します(キャンペーン期間:2011年4/1~6/30)
2011.03.30 国際結婚手続セミナーを開催します(2011年4月~6月)

acroseedグループ業務活動リポートブログ フェイスブック

在留特別許可申請サービスの6つの安心

組織力でのサポート 信頼の実績
開業1986年、10000件超のビザ申請実績に裏付けされた確かなサービスをご提供します。
組織力でのサポート 高い許可率
開業以来600件以上の在留特別許可申請を手がけ、高い許可率を維持しています。
選べるサービス 不許可時のサポート
在留特別許可申請をご依頼頂いて万が一不許可の場合には、全額返金いたします。
不許可時のサポート ご相談は無料です
すべてのご相談を無料で行い、ビザ申請の可否を判断します。
3ヶ国語対応 2ヶ国語対応
ACROSEEDでは日本語はもちろん、英語、中国語も対応可能です。
明瞭な手続料金 明瞭な手続料金
当サイトに掲載されている料金で対応します。

在留特別許可申請サービスの取り扱いサービス

 在留特別許可申請サービスをご提供する行政書士法人ACROSEEDでは20年に渡る経験と実績に基づき、日本に在留する外国籍の方々の在留手続サポートをご提供しております。  

 この“在留特別許可申請サービス”サイトでは主に不法滞在者やオーバーステイの方が利用する入管手続きをご案内しています。

上陸特別許可申請サポートサービス
上陸特別許可申請サポートサービスイメージ退去強制で出国した場合、通常は5年間(場合によって10年間)の入国禁止となります。この期間が経過していない状況で日本への入国を強く希望する場合の手続です。

○退去強制手続きで帰国し5年~10年の入国拒否期間があけていない方。
○自分で在留特別許可申請をしたが、不許可となり配偶者が帰国させられた方。
○退去強制となったが日本で待つ家族と一緒に暮らしたい方。
国際結婚手続サポートサービス
国際結婚手続サポートサービスイメージ不法滞在等の理由があり、正規のパスポート、独身証明書、その他必要書類が取得できないなど、ご自身では婚姻手続が難しい場合にご利用いただくサービスです。

○配偶者が不法滞在なので在日大使館が独身証明書を発行してくれない。
○他人名義のパスポートで入国したため、本当の名前で結婚が出来ない。
○婚約者が不法滞在しているため日本から出国することができない。
○やむを得ない事情で、本名とは違う名前で婚姻届を提出してしまった。

在留特別許可申請サポートサービス
在留特別許可申請サポートサービスイメージ現在は不法滞在者だが、何らかの事情により正規のビザ(在留資格)が欲しい方向けのサービスです。次のいずれかの場合には在留特別許可により正規のビザがもらえる可能性が高くなります。

○日本人と結婚している(又は結婚の予定がある)
○日本国籍のお子さんを養っている
○「永住者」または「定住者」の方と結婚している(又は結婚の予定がある)

仮放免手続サポートサービス
仮放免手続サポートサービスイメージ現在、入国管理局などに収容されているが、なんらかの事情で一時的に身柄を放免してもらいたい方を対象としたサービスです。

○家に残された家族の看病をしなければならない。
○病院で定期的な治療を受けなければならない。
○帰国するのは構わないが、自分の会社を整理してから帰国したい。

指紋認証制度対応サービス
外国人指紋認証制度対応サービス過去に不法滞在などで退去強制となったことのある方で、指紋と顔写真の提供が義務付けられたことに不安がある方に関するご相談に応じます。

○過去に他人のパスポートでで来日し、オーバーステイとして帰国したが、現在は本当の名前で入国しビザを取得しているケースなど

在留特別許可申請無料相談

行政書士法人ACROSEED
Copyright(C)2009 ACROSEED Co.LTD, AllRights Reserved.