在留特別許可申請サービスホームページ > 在留特別許可申請サポートサービス

在留特別許可申請サポートサービス

在留特別許可申請サービス

 退去強制手続きに伴う在留特別許可を申請するためのサポートサービスです。在留特別許可申請に関するご相談、申請書類の作成、入国管理局への出頭、そして、ビザの取得までをサポートいたします。

 現在はオーバーステイ(不法滞在・不法残留)だが、人道上の理由等により正規ビザ(在留資格)の取得を希望される方が行う手続きです。

 次のいずれかの場合には在留特別許可により正規のビザがもらえる可能性が高くなります。

①日本人と結婚している(又は結婚の予定がある)
②日本国籍のお子さんを養っている
③「永住者」または「定住者」の在留資格を持つ人と結婚している(又は結婚の予定がある)

  この他にも「難民認定」や「数十年に及ぶ日本での滞在」を理由に在留特別許可が付与されることもありますが、数年にわたる裁判に至る可能性が非常に高いため、在留特別許可申請サービスでは業務をお引受しておりません。

 このような場合は、最終的には国を相手取った裁判になることを想定し、外国人の人権問題などに精通した弁護士事務所にご依頼される事をお勧めします。なお、在留特別許可申請サービスでは弁護士事務所のご紹介などは行っておりません。ご自身で各地の弁護士会などにお問い合わせ下さい。

在留特別許可申請サポートサービスの内容・料金


サービスの特徴
  コンサルティングから書類作成はもちろん、入国管理局への付き添い(初回出頭、呼び出し、状況確認、資料提出、ビザの受領など)も行い、ビザ取得に至るまでをサポートさせていただきます。

サービス内容
①在留特別許可に関するコンサルタント
②入国管理局への提出書類の作成
③初回出頭時の入国管理局への付き添い
④結果受領に至るまでのサポート


費用(税別)
在留特別許可申請サービス

*東京入国管理局および横浜支局に申請の場合は交通費は無料で行いますが、それ以外の入国管理局への申請の場合には別途交通費をいただいております。

不許可時の対応
 在留特別許可申請サービスには、「不許可時の返金制度」があります。
※ 難易度が高い場合には適用できないケースがございます。詳細はお問い合わせください。

お申し込みから在留特別許可取得まで

①在留特別許可申請サービスでの無料相談
  入国や不法滞在に至る経緯など、ご本人から詳細なお話しをお伺いして、許可の見込みがあると判断した場合にご依頼をお引受しております。

   arrow.gif

②ご契約と料金のお振込み 
  在留特別許可申請サービスのサービス内容や方針などにご納得がいただければ、ご契約と料金のお振込みを頂いております。通常、料金はその全額を業務開始前に頂いております。  

   arrow.gif

③必要書類のご準備 
  20年にわたる在留特別許可申請サービスの在留特別許可申請の実務経験から、お客様の状況に応じて必要となる資料を個別にご提示いたします。  

   arrow.gif

④書類の作成
  ご準備戴いた書類を下に在留特別許可申請サービスにて必要書類をすべて作成します。完成後には書類内容をご確認頂きます。

   arrow.gif

⑤入管への出頭
  入管での一連の審査の流れなどを詳細にご説明し、在留特別許可申請サービススタッフが付き添いご本人が出頭します。また、東京入管では水曜日には取り扱いを行っていないため、月・火・木・金の早朝8:30からか、午後1:00からの出頭となります。

   arrow.gif

⑥調査開始までの待機
  出頭が無事に終了した場合には、入管の担当者が決定され本格的な調査が開始されるまでに、通常は1年近くの期間がかかります。この間に転職、引越し、お子さんの出生などがあった場合には、その都度入国管理局に変更した旨を連絡する必要があり、在留特別許可申請サービスが書類を作成し追加提出を行います。また、相当期間が経過しても入管からの連絡がない場合などには、必要に応じて在留特別許可申請サービスで書類を作成するか、再度、ご本人とともに入管を訪れ状況を再確認します。  

   arrow.gif

⑦調査の開始
  入管から呼出しなどがあった場合にはACROSEEDにご連絡下さい。また、調査の様子や状況をお聞かせ頂くことにより、新たな問題点等が浮上した場合には新たな書類の作成やご本人へのアドバイスなどを行います。  

   arrow.gif

⑧仮放免とビザの交付
  通常、仮放免許可が交付されればビザの取得はもうすぐです。在留特別許可がおりて正規の在留資格を頂くことができれば、今後のビザ手続きや生活上の注意点などのアドバイスを差し上げ、在留特別許可申請サービスがビザを確認して業務は終了となります。

ACROSEEDの業務受託方針

ACROSEEDでは、偽装結婚や虚偽申請を防ぐため以下の方針に基づき業務を行っています。

  1. ACROSEEDでは偽装結婚や虚偽申請の案件(またはその可能性がある案件)については業務をお断りしています。
  2. 業務をご依頼いただく際には、必ずご本人(または配偶者)の方と面談をさせていただいております。
    (ご本人が入国管理局等に収容されている場合には、原則として面会を行います。)
  3. 面談時には不法滞在となった経緯や、婚姻に至るまでのいきさつなどを詳細に伺います。その結果、ACROSEEDの判断により偽装や虚偽申請の可能性があると判断すれば、業務をお断りする可能性があります。
在留特別許可申請無料相談