在留特別許可申請サービスホームページ > 個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱い

在留特別許可申請サービスの個人情報保護方針

  在留特別許可申請サービスをご提供する行政書士法人ACROSEEDでは1986年の開業時より個人情報の重要性に留意し、その管理や取り扱いには最大限の注意を払ってまいりました。個人情報を保護し適切に扱うことは私どもに課せられた重要な企業責任の一つであると考えています。現在のように高度に発展した情報化社会においてはより厳粛に受け止めるべき事項と考え、ここに謹んで個人情報保護方針を宣言し、これを実践し、維持することを内外に広く宣言します。
1.個人情報の収集・利用・提供
  個人情報を収集するにあたり、その収集目的を明らかにして本人の同意をいただきます。収集した個人情報の利用につきましては、事前の同意内容を逸脱いたしません。また当社は本人の同意なくして個人情報を第三者に開示及び提供することはいたしません。ただし、下記の場合は除外します。
1)秘密保持契約を締結した企業に対し、個人情報の保存、コンピュータ処理を委託する場合
2)クレジット番号の有効性あるいは金融機関口座の情報を確認するにあたり、その目的内で金融機関に個人情報の提供が必要な場合
3)法令による規定がある場合。または政府機関による命令がある場合

2.個人情報の適正管理と安全性の確保
  個人情報の管理を適正かつ厳重に行います。個人情報への不正アクセス、個人情報の消失、破壊、改ざん、漏えいを防ぐために情報セキュリティ対策を行い、その有効性を定期的に監査します。また、個人情報を取り扱う社員に対し、適正な教育計画を策定、実施します。

3.法令等の遵守
  ACROSEEDに適用されるすべての個人情報に関する法令及び条例並びに関係省庁ガイドラインを遵守します。

4.個人情報保護体制の継続的改善
  ACROSEEDの個人情報保護体制について定期的に監査を実施します。
また、ACROSEEDの業務内容、社会の情勢、情報システムの進歩等の変化を把握すると共に、当社の個人情報保護体制が継続的に改善なされるよう見直しを行います。

この方針を社員全員に周知徹底させるべく教育を行います。

2007年 1月 1日

  ACROSEED 代表 佐野 誠

在留特別許可申請無料相談

行政書士法人ACROSEED
Copyright(C)2009 ACROSEED Co.LTD, AllRights Reserved.